【ビットコイン】仮想通貨が当たり前の時代がやってくる?デジタルデータの可能性

ビットコインは誕生から10年以上もたちました。

そんなビットコインも一時期、大暴落を経験しています。

ですが今では世界の有名企業がビットコインの可能性を感じ買い漁っている状態になっています。

もちろん良いときばかりでなく大暴落をバブルを繰り返してきました。

これからビットコインを始めたいと思っている方や始めたばかりという人もいるのではないでしょうか?

今後のデジタル社会においても仮想通貨が急激に広まり仮想通貨当での取引や売買が当たり前の世の中がいつか来るのではないかなと僕は個人的には思っています。

もちろんどうなっていくのか確実な予想は誰もできないとは思いますが。

ですがビットコインの可能性を感じている有名企業や投資家が多いというのも事実です。

今回はこれからビットコインを始めたいと思っている人に今や大企業や投資家から注目されているビットコインについて紹介していきたいと思います。

そもそもビットコインとは何か?

誰でもビットコインという言葉を一度でも聞いたことがあると思います。

最近よく聞くけどなんだかよく分からないという人もいると思います。

それではビットコインについてかんたんに説明します。

ビットコインはそもそも仮想通貨の一つになります。

仮想通貨といってもいろいろありますね。

ビットコインはインターネットの世界でお金を流通させる通貨のことを指します。

ビットコインは、基本的にインターネットに繋がる環境さえあれば国境を越えてお金のやりとりができるなどとても自由度があります。

またビットコインは、手数料がかからなかったり安いという特徴があります。

銀行などを使って送金する場合には、だいたい手数料がかかってしまいますよね?

ですがビットコインには、仲介するものがないので手数料を払う必要がないのです。

このようにビットコインには、今までにないメリットやお金の流通を可能にした仮想通貨とも言えます。

ビットコインをこれからの時代に合う新しい通貨だと思います。

次にビットコインのデメリットについてみていきたいと思います。

ビットコインのメリットとデメリット

ビットコインのメリット

ビットコインはいつでも取引が可能

株の場合は、土日に取引することができません。

でもビットコインなら24時間365日いつでも取引することができます。

平日忙しい人でもいつでも取引できるビットコインは便利です。

将来性がある

世界中の有名な企業が仮想通貨に期待や注目しています。

将来、仮想通貨が当たり前のような時代が来るかもしれせん。

少額からの取引が可能

株の場合一度にまとまった資金が必要になりますがビットコインなら少額からの投資が可能です。

投資だけでなく決算にも使える

ビットコインは投資だけでなく決算にも使われ高く評価を受けています。

ビットコインのデメリット

リスクがある

株やFXももちろんリスクがあります。

ところが取引所が破綻する可能性もあります。

証券会社などは万が一のことがあっても国が保証してくれます。

ですがビットコインはそういった整備がないので万が一のことがあったときに保証が受けられないというデメリットがあります。

国による価値の担保がない

ビットコインはそれぞれの国の経済状況があまり影響しないと言われています。

その一方で万が一にシステムのトラブルや大きな損失が起こっても国は保証してくれません。

セキュリティやハッキングなどの影響を受けやすくなり大きな価値の変動が起こる可能性もあります。

ビットコインの将来性

ビットコインは今まで大暴落や急騰を経験しながらも注目されてきています。

なかにはビットコインに関して不安やネガティブな意見もあります。

ですがビットコインが将来いまよりも急騰すると予想している人もいます。

最後に

ビットコインにはもちろんリスクもあります。

ですがビットコインは投資というだけでなく決算に使えたりさまざまな可能性があります。

また将来今よりも価値が増しビットコインがより当たり前のものになっていくかもしれません。

ビットコインにはそういった将来性があります。

僕もそういった可能性を持ちながらビットコインにコツコツと投資をしていきたいと思います。

おすすめの記事