テレワークや在宅ワークが当たり前の時代になるかもしれない理由
テレワーク

昨今、在宅ワークやテレワークが注目を集めて取り入れる会社も急速に増えてきています。

今まで在宅勤務やテレワークが難しいと判断されていた会社だったり取り入れることができない会社でさえ在宅勤務やテレワークが始まってきています。

在宅ワークやテレワークが急速に増えている原因

新型コロナウイルスの影響

在宅勤務やテレワークが急速に増えている原因の一つは、今や世界中に大流行している新型コロナウイルスの影響によるものです。

4月3日現在、コロナウイルスの感染者が100万人を突破しました。

わずか一週間ほどで50万人から倍に増えてしまいました。

さらに拡大されていくのではないかと懸念されています。

今後どこまで拡大するのかまったくの未知でありいつ終息するのかも誰も正確に答えることもできない状況です。

今後、在宅ワークやテレワークが一般的なものになると思います。

また在宅ワークやテレワークを取り入れることができない会社もまだまだたくさんありますがいずれ取り入れざる負えなくなると思っています。

今回は、在宅ワークやテレワークの違いや特徴について紹介していきたいと思います。

在宅ワークとテレワークの違い

よく在宅ワークやテレワークという言葉を聞くことがあると思いますがこの2つはどう違うのでしょうか?

在宅ワークというとその名のとおり自宅で仕事をすることです。

いっぽうテレワークとは、英語を訳すると離れたところで働くことを意味します。

要は普段働いている就業先以外で働くことになります。

在宅ワークは自宅で働き、テレワークは就業先以外のオフィスだったり移動中や自宅などまざまな場所で働く方法になります。

在宅ワークやテレワークは、今回の件だけでなく地震や台風などさまざまな災害によって会社にいけない理由があるときにも便利働き方だと思います。

テレワークと在宅ワークのメリット

テレワークと在宅ワークは災害に強い

オフィスのみで働くサラリーマンだと今回のようなもしコロナで出社できなくなってしまったら働くことさえできなくなってしまいます。

1日や2日であればまだしも一ヶ月以上出社できなければ給料も入らず大変な状況になってしまいます。

ですがたとえ一ヶ月出社ができない状況になっても在宅ワークやテレワークであれば自宅でも作業することができます。

また昨今は、異常気象もあり地震や台風なども相次いで発生しています。

そんな地震や台風にも在宅ワークやテレワークであれば自宅で作業することができます。

すべての職業を在宅ワークやテレワークにすることはできませんが自宅でできる仕事は、けっこうあると思います。

いきなり在宅ワークをすることで思いもよらないトラブルだったりデメリットなども出てきますが人間やってみて慣れてくると意外とできるものだと思います。

おすすめの記事