【資産運用の基本】インカムゲインとキャピタルゲインの違いと特徴について
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

資産運用の基本

資産運用でどのように利益を得るのか?

株や投資信託などの資産運用を始めると「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という言葉が頻繁に登場します。

株や投資信託を始める理由は利益を得るために始める人がほとんどだと思います。

この「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という言葉はおもに投資でどのようにして利益を得るのかを示す用語でもあります。

2つの言葉の意味を理解することは自分がどのような投資スタイルを取るのかについて決め手にもなると思います。

ぜひこの2つの意味を理解しておきましょう。

インカムゲイン

インカムゲインとは株や投資信託を保有し続けることで得られる利益のことです。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは保有している株や投資信託を売却することで得られる利益になります。

株の例に例えると

詳しく説明すると株を購入して所有することで配当金を受け取ることができます。

これがインカムゲインです。

そして株を売却したときに購入したときと売却したときの差額の利益がキャピタルゲインになります。

キャピタルゲインの場合、例えば100円で購入して売却するときに株価が110円になっていれば10円が利益になりキャピタルゲインです。

インカムゲインとキャピタルゲインの違い

インカムゲインとキャピタルゲインの違いとしてインカムゲインは株を保有しつづけることで毎回、配当金という安定的なインカムゲインが入ります。

逆にキャピタルゲインは売却したときのみしか利益を得ることができません。

なので長期投資にはインカムゲイン、短期投資にはキャピタルゲインが向いていると言えます。

メリットとデメリット

インカムゲインのメリット

インカムゲインのメリットは保有しつづけることで安定的に配当金を受け取ることができます。安定的に配当金を受け取ることができるため長期投資に向いています。

インカムゲインのデメリット

インカムゲインは安定的に配当金を受け取ることができますが配当金は数パーセント程度なので大きな利益を得ることは難しいと言えます。

キャピタルゲインのメリット

インカムゲインと違い大きな利益を得られる可能性があります。

中には短期で株価が何倍にもなる銘柄もあるのでうまくいけばハイリターンを狙うことができます。

キャピタルゲインのデメリット

キャピタルゲインのデメリットとしてはハイリターンの可能性も高い反面、暴落が起きたりすると資産が目減りしてしまいます。

株で投資信託でも利益を得る方法はインカムゲインとキャピタルゲインという2種類に分類されます。

ポートフォリオの組み方

資産運用をするうえでポートフォリオは大変重要です。

僕としてはインカムゲインでもキャピタルゲインでもバランスが大事だと思っています。

よほど資金に余裕があるのであればキャピタルゲインに比重をおくのも良いと思いますが僕のように年収が低いと投資に回す資金も少なく万が一の場合に大きく資産が減ってしまうこともあります。

インカムゲインとキャピタルゲインの性質を考えうまくバランスを取ることは資産運用を長く続けていくためには重要だと思います。

僕も最初のころにハイリターンに目がくらみキャピタルゲインに比重を起き資産を減らす結果になったことがあります。

そういった失敗の経験から投資はバランスが大事だと学びました。

自分がどのような投資をするのか?

インカムゲイン、キャピタルゲイン、投資のバランスを考えてポートフォリオを組むようにしましょう。

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事