【日本株VS米国株】投資するならどっち?メリットとデメリットについて
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

最近では不況の影響だったり将来のために投資を始める人が増えていきています。

僕は投資をはじめたばかりの初心者には個人的に投資信託を毎月コツコツと積立投資することをおすすめしています。

ですが投資に慣れてくると投資信託だけでなく個別株などもやってみたくなると思います。

積立投資は毎月コツコツと投資していくのでとても堅実な方法でもあります。

ですが一気に資産が増えるわけではないので投資になれてくるともう少しリターンのある個別株に興味を持つのも仕方がないでしょう。

いざ個別株投資をはじめようと思っても日本株にしたらよいのか?

また米国株などの海外の株を買った方がいいのか?

どちらにしたらいいのかという意見をよく聞きます。

日本株も米国株のどちらもメリットがあればデメリットもあるのでどちらが良いかは一概には言えませんが二つの特徴や違いを知ることで今後の投資にも役立つと思います。

日本株と米国株どちらを選ぶ?

日本に住んでいる日本人であれば日本株をはじめる人は多いと思います。

その理由として日本株であれば円で取引ができるし身近な企業も多いので投資しやすいからだと思います。

逆に米国株だとハードルが高そうと思われています。

また米国株に対して難しいというイメージを持っている日本人も多いと思います。

日本株にも米国株にもメリットやデメリットはもちろん存在します。

今回は日本株か米国株かどちらを投資しようかと考えている方に両方のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

僕はインデックス投資をメインにして日本株と米国株にも投資をしています。

参考になればうれしいです。

日本株のメリット

日本株のメリットを紹介します。

為替リスクがない

同じ円建ての投資をするので為替によるリスクが少ないです。

米国株の場合は為替によっても変わってきます。

情報収集が楽

日本株だと情報を収集しやすく日本語なので読みやすいですね。

知ってる企業が多い

自分が少しでも知っている企業だと親しみやすく投資がしやすくなります。

日本株のデメリット

日本株のデメリットを紹介します。

米国株に比べると配当利回りが少ない

日本株は、高配当株でも良くて4~5%くらいです。

米国株と比べると高配当株と言えるものが日本株には少ないです。

米国では配当利回り10%前後の商品がたくさんあります。

長期投資にあまり向かない

日本株と米国株を比べると成長率が高いのは米国株です。

日本だと上がっていく企業が米国に比べると少なくなります。

米国株のメリット

米国株のメリットはなんといっても市場がでかいことです。

また日本株の個別株の場合は、100株単位とかじゃないと購入できないことが多いですが米国株は1枚から購入することができます。

市場がでかい(取引数が多い)

なんといっても米国は市場が大きいので取引量も日本より多いです。

また取引の量が多いということは大きく暴騰することもあるので日本よりもチャンスがあるということになります。

上場している企業が多い

米国株のメリット

夜間でも取引できる

米国株の取引き時間は夜23:30~翌6:00になります。

夜間の取引ができるので昼間働いているサラリーマンにはおすすめだと思います。

為替リスクがある

米国株の場合、日本株と違い為替によるリスクがあります。

 

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事