【年収が低い】家を借りるときの初期費用や家賃を徹底的に下げる方法
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

家を借りるときの初期費用の負担が大きい

家を借りるタイミングは人それぞれだと思います。

進学、就職、転勤、結婚などの新生活をスタートする際に物件を探す人も多いと思います。

でも家を借りるときの初期費用ってけっこう大きいですよね。

ましてや収入が少ないとまとまったお金を用意するのも大変だと思います。

都心部の家賃は高い

とくに東京などの都心部に近ければ近いほど家賃も高くなる傾向があります。

物件によって敷金や礼金や仲介手数料なども家賃の何か月分かのお金が必要になるので大きな負担になります。

収入が多かったり経済的に余裕のある人であればそれほど負担にならないかもしれませんが給料が上がらない人やもともと収入が少ない人にとっては負担の方が大きいのではないでしょうか?

一般の住宅を借りると初期費用はいくらかかる?

一般の住宅を借りるときは、敷金や礼金、仲介手数料や前家賃で多いところだと家賃の6ヶ月分くらいかかるところもあります。

※敷金2ヶ月分、礼金2ヶ月分、前家賃1ヶ月分、仲介手数料(家賃の1ヶ月)の場合

ところが家の契約をするときに上記以外にも火災保険だったり鍵の交換だったり引っ越し代などもかかるので全部まとめるとけっこうな額になると思います。

収入が少ない場合は少しでも初期費用を減らしたいと思っている人も多いと思います。

物件を安く借りる方法がある

収入が少ないときの家賃の負担って結構大きいウエイトを占めてしまうと思います。

そんなときは少しでも初期費用や家賃を下げたいと思うのではないでしょうか?

都内でも安く物件を借りる方法はあります。

都営住宅、東京都住宅供給公社

一つは都営住宅という東京都住宅供給公社(JKK東京)です。

こちらは、東京都が出資してくれています。

とくに物件に困っている人や経済的に厳しい人でも安定した生活ができるように初期費用や家賃を優遇してくれている物件になります。

また都営住宅は、礼金、更新料、仲介手数料が無料で一切かからないので経済的に厳しい人でも安心して物件を借りることができます。

JKK東京が扱っている物件には下記の種類があります。

都民住宅

都民住宅とは、国や東京都から家賃の補助が受けられる物件になります。ファミリー層が多く住んでいます。

都営住宅

こちらは、低所得者で経済的に物件を借りることができない人向の物件になります。申し込む際に条件(収入面やその他)がありますのでその条件に合う人であれば応募できます。

一般賃貸住宅

JKK東京が自ら管理をしている物件です。

こちらは家賃の補助はありませんが物件の数も多いので良い物件を見つけられる可能性も高くなります。

家賃を安くして負担を減らしましょう。

都営住宅の場合は、家賃がかなり安いですが倍率も高い場合が多く当たるまで根気よく応募する必要があります。

ですが中には、10年しか住めませんが入居者が全員40歳未満のファミリーの場合は、若年ファイミリーの募集もあり一般より応募者が少ないために当たりやすいと言われています。

都営住宅の場合は、世帯年収に制限があるので給料の低い方や家族が多いかたなどは、わりと応募できると思います。共働きで毎月たくさんの給料を稼いでいる人は、制限にひっかかり応募できない場合もあるので調べてみましょう。

ですが都営住宅は、家賃も安いので収入が少なくて住宅に困っている人にとっておすすめだと思います。

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事