【投資入門】投資の誤解と最初の証券会社選びについて
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

汗水たらして働いたお金をどうするかは人それぞれです。

働いたお金を好きに使う人もいれば将来のために貯金しておく人もいます。

ですが銀行にお金を預けても利息によって得られるお金はわずかにしかなりません。

利息は年々低くなっています。

銀行に預けておけばお金の保証されていますので安心感はあります。

ただ元本割れするリスクは少ないですが預けた資金はたとえ10年たっても20年たってもほとんど増えません。

もし自分の資産を少しずつでも増やしたいと思っているのであれば投資をおすすめします。

僕も実際には100年を元手で投資をはじめました。

いまでは600万円まで増やすことができました。

もし元手100万円をただ銀行に預けているだけならせいぜい数十円程度しかお金は増えなかったと思います。

資産を将来的に増やすのであれば投資をおすすめしますがリスクもあるので自分は貯金が良いという人は記事を読まなくて大丈夫です。

そのまま堅実な貯金生活を続けてください。

投資のイメージと誤解

投資はギャンブルではない

投資は怖い!

投資はギャンブルだ!

という言葉をよく聞きます。

ですがこれは勘違いだと言えます。

もちろん投資にはFXのようにギャンブル的な要素を持っている投資もあります。

僕がおすすめしているのはこういうギャンブル的要素の投資ではなくリスクヘッジをした投資です。

ギャンブルは負けてしまえば資金がゼロになってしまう可能性があります。

ですが投資は分散投資などリスクヘッジをしっかりおこなえばゼロになることはありません。

投資とギャンブルの違いとして投資は経済活動であり、ギャンブルは娯楽と捉えることができます。

投資でもやり方によってリスクをコントロールできるので競馬、パチンコなどのギャンブルよりもリターンが高くなる傾向があります。

ギャンブルは負けたら資金がなくなりますが投資は経験を積むことで企業のお金の流れや経済についての知識を学ぶことができます。

金融商品によって特徴やリスクが違う

投資する金融商品によっても特徴やリスク、リターンはそれぞれ違います。

投資は株式投資、投資信託、債券、FX、不動産投資などがあります。

投資初心者におすすめしたいのは投資信託です。

なぜおすすめするかというと株式投資やFXは得られるリターンも大きいですがリスクも高くなります。

投資をはじめたばかりの初心者だと値動きを見たりするのはなかなか難しいと思います。

投資信託は投資のプロが個別銘柄を選んでパッケージにしたものです。

株式投資をするときは、自分で銘柄を選択する必要があります。

どの銘柄が今後伸びていくのか初心者だと分からないですよね。

その点、投資信託であればプロが選んだものがパッケージされているのでわざわざ自分で選ぶ必要もなくリスクも少なくなります。

投資は元本の保証がありませんが投資信託であればよほどの事態が起こらない限りリスクを軽減できます。

投資をはじめるからまず口座開設

投資をはじめるならまず証券会社に口座を開設する必要があります。

初心者におすすめなのは楽天証券かSBI証券の二択です。

僕はこの二つの証券を使っています。

楽天証券とSBI証券で手数料の違いはほぼないものの一部手数料が無料だったり取り扱ってる商品が違ったりするので使い分けています。

楽天証券の口座開設については下記の記事で紹介しています。

楽天証券とSBI証券の違い

手数料

楽天証券とSBI証券の手数料はほぼ大差がないです。

投資信託の本数

取り扱っている投資信託の本数もほぼ大差ないです。

次に簡単にSBI証券と楽天証券の特徴についてあげていきます。

SBI証券の特徴

SBI証券は楽天証券に比べると扱っている外国株の数が多いです。

楽天証券の特徴

楽天でよく買い物をする人は知ってると思いますが楽天ポイントがつきます。

この楽天ポイントは投資にも使うことができます。

結局どの証券会社が良いのか?

初心者であれば楽天証券でもSBI証券のどちらでも良いと思います。

しいていうなら外国株を考えているなら取り扱ってる数の多いSBI証券、楽天で買い物をよくしたりポイントを使って投資したい人には楽天証券が良いかなと思います。

僕は最初に楽天証券の口座を開設したので楽天証券は初心者におすすめでもあります。

証券会社によって特徴が違うのでその特徴を見て決めたらよいと思います。

 

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事