【不用品がお金に変わる】いらないものはヤフオクやメルカリで現金に換えよう
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

家のなかにある不要品を整理しよう

家の中で使っていないものや押し入れにただ眠っている不要品がある人も多いのではないでしょうか?

たとえば人からもらったものや自分で買ったけどいつの間にか押し入れにしまい込んで忘れてしまっているものなど。

まったく着ていない衣類から小物など知らないうちに不要なものがたまっていくケースは多いです。

いまの世の中はたくさんのものがあふれている状態です。

どんなにたくさんの物を所有していたとしてもその中で使うものって結局限られてくると思います。

少し前に断捨離という言葉がはやりました。

物の整理をしたり捨てることでまた新しい物が入ってくるといわれています。

また断捨離をすることで気分もすっきりしますし運気が上がるといわれています。

ですがただ捨てるのではなくヤフオクやメルカリなどに出品するのがおすすめです。

自分にとっては不要なものでも他の人から見たら欲しいものだったという事もあります。

不用品を売ることで物を整理できるし(気分もすっきり)、また現金に換えることができたら一石二鳥です。

不要品を売るならヤフオク、メルカリがおすすめ

ずいぶんまえですが不要品と言ったらリサイクルショップに出すのが主流でしたが今ではネットを使うことで物を売ることは簡単にできてしまいます。

リサイクルショップだったらその地域の人だけしか見ることができませんがネットであれば日本全国の人に見てもらうことができ効率よくそして高く売れる可能性も高いです。

いまではいろいろな方法で物を出品して売ることができます。

その中でもヤフオクやメルカリなどは不用品を売るのにおすすめです。

すでに使ったことがある人や聞いたことがあるという人は多いと思います。

パソコンからだけでなくスマホアプリもあるのでスマホを使って簡単に出品したり購入したりすることもできます。

ヤフオクもメルカリもそれぞれに違いやメリットも違います。

メルカリ場合は、とにかくシンプルで簡単に出品できるのでネットに詳しくない方でもすぐ始められるというメリットがあります。

またヤフオクも以前は落札者とのやりとりが面倒な時もありましたが今ではだいぶシステム化されていて自動でできるようになったのでハードルは下がってきていると思います。

僕はヤフオクもメルカリも使っています。

ヤフオクとメルカリの違い

ヤフオクの特徴

まずヤフオクとは、大手ヤフージャパンが提供しているオークションサービスになります。

利用しているユーザーは30~50歳くらいとメルカリと比べると年齢層が高い傾向があります。

利用者も多くレアな商品もたくさん出品されています。

またプラモデル、ギターなどコレクター品のやりとりが多くオークション形式で入札されていくので高く入札される可能性も高くなります。

入札形式なのでメルカリに比べると出品から落札までに時間がかかることがあります。

ヤフオクは高く売りたい人にはおすすめだと思います。

メルカリの特徴

メルカリは株式会社メルカリが提供するフリマアプリです。

10代から20代の女性が使うイメージがあります。

衣類や雑貨、ハンドメイドなどの出品が多い気がします。

メルカリはヤフオクのようにオークション形式ではなくフリマなので価格も決めていて早く売りたいという人にはおすすめです。

お小遣いが稼げる

ヤフオクやメルカリは、利用者がとても多いので安心できるサービスだと思います。

また利用者が多いということは、出品したものを見てくれる人も多いということなので売れる可能性や高く売れる可能性も高いということになります。

自分にとってはいらないガラクタだったとしても欲しい人からしたら多少お金がかかっても欲しいという人はいます。

不用品が売れてお小遣いも入ってくるとしたら誰でもうれしいですよね。

まだヤフオクやメルカリをやったことがない人は、この機会にぜひ自分の身の回りの整理や断捨離も兼ねて不用品を出品してみましょう。

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事