【売却益&配当】株を売却したときの売却益や配当金をもらったときの税金について
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

株から得られる利益

まず株から利益が出る方法には2種類があります。

投資で得られる利益については下記の記事で紹介しています。

株から得られる利益には株を売却して得る利益と株を所有することによって得られる配当金があります。

税金について

通常、株が値上がりして利益が出たときに株を売却することが多いと思います。

この株を売却したり配当金をもらうときに必ずかかるのが税金です。

ですが投資初心者だと株の税金についてわからないことも多いと思います。

たとえば、

株を売却したときにどれくらい税金が引かれるのか?

税金はどのようにして払えばいいのか?

源泉徴収ありと源泉徴収なしで違う?

まず源泉徴収あり、源泉徴収なしのどちらを選んでいるかによっても税金の支払いは変わってきます。

源泉徴収ありの場合

源泉徴収ありを選択している場合に株を売却すると利益が出ていればその利益に対して自動に税金分が引かれます。

5万円の利益が出た場合

たとえば株を売却したときに5万円の利益が出た場合は、証券口座から税金分が引かれます。

税金は、国内株式だと20.315パーセントになります。

この内訳として所得税が15.315パーセントで住民税は5パーセントになります。

源泉徴収なしの場合

源泉徴収なしの場合は、税金を自動で払ったりしてくれるわけではないので自分で確定申告して税金を払う必要があります。

ただし年間の利益が20万円以下の場合は税金は免除されます。

税金の支払い

源泉徴収ありの場合は、自分でやらなくても自動で税金の支払いをしてくれるので楽ですね。

源泉徴収なしの場合は、自分で確定申告が必要なため年間を通してどれくらいの利益が出たかを確認する必要があります。

確認方法は証券口座にログインして特定口座損益などで確認できます。

投資初心者はどっちがおすすめ?

特定口座の源泉徴収ありがおすすめ!

投資初心者やまだ確定申告したことがない人にとって確定申告はハードルが高く面倒だと感じる人も多いと思います。

そこでそれらの面倒な作業を行わず自動で税金を引いてくれる設定があります。

証券口座を申し込むときに「特定口座」に指定して源泉徴収ありに選びましょう。

これで利益が出たときに税金を自動で引いてくれて面倒な確定申告が必要なくなります。

もし源泉徴収なしで申し込みしていたとしてもあとから変更することも可能です。

ポイント
  • 証券口座を開設するときに特定口座と源泉徴収ありで申し込みしましょう。
投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事