【高校生からの資産形成】資産運用は早くから始めたいほうが良いのか?
【700万口座突破】投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ!!

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

2022年4月から高校で「資産形成」についての授業がはじまるようです。

おもに家庭科の授業のなかで「資産形成」について教えていくようです。

いままでの家庭科だとお金を無駄使いしないことやお金で騙されないようにすることや預貯金について教えられてきたと思います。いままでお金について教えてくれる学校はほぼありませんでした。

僕らの高校生のときは、資産形成について教えてくれる先生もいませんでした。

もちろん家に帰っても家庭のなかでお金について教えてくれる親もいませんでした。

高校生からの資産形成

これからの家庭科の授業は?

これからの家庭科では、預貯金や民間保険だけでなく投資のメリットやデメリットから重要性などを学んでいきます。

また株式、投資信託、債権などの金融商品についての基礎も学ぶことになります。

なぜ高校の授業で資産形成を教えるのか?

なぜいまになって高校の授業で資産形成を教えるのでしょうか?

日本は、少子高齢化だけでなく老後2,000万円が必要とされているなどあらゆる問題があります。

特に老後資金について年金制度だけではこの老後2000万円の問題は解決できません。

資産形成の授業を行うということは自分で若いうちから資産を形成していく必要があるということではないかなと思います。

これからは「年金を含めてくに頼ることはできませんよ!」というメッセージが込められている気がしてなりません。

これからは国を頼らず自分たちでなんとかしていかなくてはいけないのだと思います。

なので高校生から資産形成することはまた早いとか言うレベルではなくむしろ必要だからこそ授業化されるのだということです。

ポイント
  • 資産形成の授業がはじまるということは「これからは国を頼らず自分たちでなんとかしてください!」という国からのメッセージ

日本人の多くは銀行預金

日本人の多くは預貯金が好きです。

投資をしている人よりも銀行とかに貯金をしている人の方が圧倒的に多いです。

貯金しなさい!とはいわれますが投資しなさい!とは言われません。

それはお金に関するリテラシーが低いのもありますがお金についての正しい教育を受けていないからだと思います。

これからは大人も資産形成の基本が必要

自分を含めて親達世代の多くは資産形成について学校で習ったことがないと思います。

資産形成や投資の基本について答えられる人はどれくらいいるでしょうか?

人生のお金に関するプランをたてずにその場しのぎでやってきた人も多いと思います。

ですがこれからは高校生からこの資産形成について学んでいきます。

なので高校生以上の方は最低限、資産形成について学んだ高校生と同じレベルは必要ということだと思います。

将来、資産形成を早くから始めた人と資産形成を考えずにやってきた人で差が出てしまうかもしれません。

いまからでも資産形成について学んでいきましょう。

資産形成の基本

おすすめの本

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

本のタイトルにあるようにアメリカの高校生が身につけているお金に関することが書かれている本です。

基礎的な部分が多いですが稼ぎ方、貯め方、増やし方の基本を学ぶことができます。

 

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事