世界中で愛される投資家と言えば誰もがウォーレン・バフェットと答える人が多いと思います。

投資をやっている人もやっていない人も一度は名前を聞いたことがあると思います。

むしろ社会人であれば知っておいたほうが良い人物です。

何故ウォーレン・バフェットはこれほどまでに世界中で愛されているのでしょうか?

投資と聞くと誰もが難しいもの、ハードルの高いもの、才能や運が必要だと答えると思います。

ですがウォーレン・バフェットの投資は実にシンプルなものです。

それはじっくり待つということです。

他の投資家であれば少しの値動きで一喜一憂してしまいますがウォーレン・バフェットは、ここぞというときやチャンスだと思ったときだけ株の売買を行います。

そして彼は非常にポジティブな思考を持っています。

彼のメッセージや名言には非常にポジティブなものが多くあります。

さらに常に投資や社会について勉強し情報収集をかかせない努力家でもあります。

ときには人が驚くようなタイミングで投資をすることもあります。

じっくり待ちここぞというときに人が投資しないようなものに投資することでたくさんの資産を増やしています。

そんな投資の神様とも呼ばれるウォーレン・バフェットですが成功ばかりでなく失敗もあります。

ときには投資で失敗をしてきているウォーレン・バフェットですがトータルでみると多くの資産を築けているのはじっくり待ちチャンスが来たときに投資をしているからだと思います。

ウォーレン・バフェットについて

ウォーレン・バフェットは2020年に90歳を迎えました。

高齢でありながらも投資の手法をかえず投資を続けて結果を出しています。

資産は8兆円以上

ウォーレン・バフェットの資産は約9兆円以上(2020年現在)とも言われたくさんの資産を一代で築き上げた有名な投資家でもあります。

派手な暮らしはしない

ウォーレン・バフェットの生活はごく普通です。

投資でたくさんの資産を築いていたら豪邸に住み優雅な生活を想像される人も多いと思います。

ですがウォーレン・バフェットはわりと質素な生活をして暮らしていることがわかります。

ウォーレン・バフェットの生活
  • 朝食はいつもマクドナルド
  • 携帯電話は長いあいだガラケーを使っていた

稼いだ資産の大半を寄付する

ウォーレン・バフェットは自身が得た資産を自分のためだけに使うのではなく寄付をしています。

大抵の個人投資家なら投資で得た資産はすべて自分のものにしたいと思うはずです。

ですがウォーレン・バフェットは稼いだお金を社会に還元して社会にお金が回るようにしています。

まさに投資の神様として愛されているわけですね。

ウォーレン・バフェットが実践している投資方法

自分が理解できる会社の株のみに投資をする

ウォーレン・バフェットはたくさんの株のなかから自分が理解できるものや徹底的に調査したり説明できる株しか買いません。

そのなかで長期で保有することによって優位に立つことができる会社をじっくり見極めてから投資をします。

またウォーレン・バフェットは株を買うときにこの会社のオーナーになりたいと思った会社に投資をしています。

長い間持ち続けたいと思えることものに投資する

ウォーレン・バフェットの投資は短期ではなく長期間の保有によって資産を拡大させています。

そのため株を買うときにその株を長い間持ち続けられるかどうかを判断して投資をおこなっています。

周りの人が投資を控えているときに投資する

ウォーレン・バフェットは周りの人が投資を控えているときに投資をします。

たいていの人は周りの人が買うような株を買おうとしますがウォーレン・バフェットは違います。

これがなかなか難しいですが市場の値動きに振り回されず、本当に価値あるものに投資を行っています。

ウォーレン・バフェットのまとめ

ウォーレン・バフェットの人物像や投資を下記にまとめました。

ウォーレン・バフェットのまとめ
  • 派手な暮らしはせずに質素に暮らす
  • 稼いだ資産の大半を寄付する
  • 自分が理解できる会社の株のみに投資をする
  • 長期間保有したいと思えるものに投資をする
  • 周りの人が投資を控えているときに投資する

ウォーレン・バフェットは投資をただのお金儲けと考えずに自分が本当に楽しめることを仕事にしているのだと思います。

だから仕事とは思わず日々勉強を怠らず努力を続けてきた結果かもしれません。

物事をポジティブに捉え周りに振り回されずに投資を純粋に楽しんでいるからこそ周りから愛されている投資の神様と呼ばれるのではないかなと思います。

これから投資をはじめようと思っている人や社会人になった人はぜひともウォーレン・バフェットという人物を調べてみることをおすすめします。

おすすめの記事