【子供の教育費準備】学資保険は必要?それとも不要?
投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

子供が生まれてから考えなくてはないことの一つが子供の教育費だと思います。

生まれたばかりだと子供の教育費がどれくらいかかるかまだ想像できないと思います。

ですが子供の教育費というのは意外とお金がかかります。

ある統計で大学まですべて公立の場合、約1000万円で私立だと2500万円〜3000万円もかかると言われています。

え!?そんなにかかるのと驚いた人もいると思います。

これは選ぶ学校によってかかるお金も違いますしや家庭によってやりくりの仕方も違うので一概には言えませんが大体これくらいかかると思ってもらえばよいと思います。

それでも子供の教育費はある程度の資金が必要ということが分かったと思います。

だからこそ子供の将来を考えてたときに貯められるときからお金をためていく必要があると思います。

子供の教育費の準備

子供の教育費の準備で一般的なのは普通預金や積立貯金だと思います。

そしてわりと多くの人が利用されているのが学資保険になります。

学資保険とは何か?

そもそも学資保険とは何かというと子供の教育費を毎月積み立てしてくれる保険になります。

毎月、決まった保険料を払うことによって入学のお祝い金があったり満期になるとお金を受け取れることができる制度になります。

次は学資保険のメリットとデメリットを紹介していきます。

学資保険のメリット

学資保険のメリットとしては、まず毎月決まった額を確実に貯蓄することができる点です。

貯金が苦手という人もなかにはいると思います。

手元にあればあるだけ使ってしまう人には学資保険はおすすめです。

毎月しっかり貯蓄できるので貯金することが苦手な方にも安心です。

次に定期預金よりも利息がつく点が挙げられます。

昨今の普通預金だと利息がほぼつかないと思います。

また学資保険の契約者にもしもの時があったときに保険料が免除される点も安心できますね。

学資保険のメリット
  • 毎月決まった額を確実に貯蓄することができる
  • 学資保険の契約者にもしもの時があったときに保険料が免除される
  • 入学のときにお祝い金がもらえたりする場合がある

学資保険のデメリット

学資保険のデメリットの一つが途中で支払いができなくなって解約した場合に元本割れする可能性が高いです。

なので学資保険ははじめたら途中で解約すると損をします。

またインフレになって金利が上昇したときに不利になる可能性も高いといえるでしょう。

また万が一保険会社が破綻すると9割ほど戻る可能性がありますが残りの1割は戻らない可能性もあります。

わが家は学資保険に入らなかった

わが家はというと学資保険に入っていません。

ですが上の子が生まれたときには学資保険に入ろうと思い資料を請求したり実際に訪問してもらい相談をしたりしました。

わが家が学資保険に入らなかった理由はうちには学資保険は必要ないと思ったからです。

学資保険がよくないというわけではありません。

家庭によっては学資保険に入った方がよい場合もあると思います。

学資保険に入った方が良い人は自分達で貯金していくのが難しい人(毎月お金が手元にあれば浪費してしまう)にはおすすめだと思います。

ですがわが家では貯金が苦手ではありませんしあまり浪費しないほうなので学資保険をかける必要はないかなと思ったからです。

万が一のときに保険料が免除される点は良いと思いますが将来の教育資金できるひとには必要ないかもしれません。

うちは資産運用で教育資金を増やす

もう一つ、学資保険を選ばなかった理由としては資産運用でお金を増やすことができるからです。

学資保険によって満期になったときに返戻率は違いますがおよそ10万円くらいプラスになるかなくらいだと思います。

10万円くらいであれば資産運用で数か月もかからず増やすことが可能です。

うちでは学資保険のかわりにインデックス投資を行っています。

個別株の投資はリスクが大きいですがインデックス投資であれば毎月コツコツと積み立てをして長期にわたって資産を作っていくことができます。

学資保険に入ったほうがいい人と入らなくてもいい人

学資保険に入ったほうがいい人

学資保険に入っておいたほうがよい人は自分で貯金をするのが苦手な人やなかなか貯金できないひとだと思います。

学資保険に入らなくてもいい人

学資保険に入らなくてもいい人は、将来の資金を自分で準備できる人です。

定期的に自分たちで貯金できるという人も学資保険は必要ないかもしれません。

また毎月払う事が難しくなりそうな人は途中解約するよりもできる範囲のなかで普通預金をしていく方がいいかもしれません。

またわが家のように資産運用でお金を増やすことができる場合も学資保険に入らずインデックス投資などで増やした方が効率がよいかもしれません。(インデックス投資といっても投資なので自己責任で行いましょう)

インデックス投資についてはまた別の記事で紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事