【高額な医療費がかかるとき】限度額適用認定証を申請して負担を減らす方法
投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

生活いると思わぬケガが病気によって治療を受けたり入院することもあると思います。

実際に入院したことがある人ならわかると思いますが意外とお金がかかってしまいます。

病気によって入院すると高額な医療費がかかる

病気によって入院をすると高額な医療がかかることが多いと思います。

病気をしないように気をつけていたとしても生活している限りいつ何があるか分かりません。

急な事故が起こる場合もありますし健康的な生活をしていたとしても急に病気になることだってあります。

また若いときは良くても歳をとるにつれて病気にかかりやすくなります。

今回は、高額な医療費がかかるときに事前に知っておいた方が良い制度について書いていきたいと思います。

この制度を聞いたことがない、知らないという人が意外に多いです。

国ではさまざまなメリットがある制度がたくさんありますが知らない間に損をしている人もいます。

知らずに申請しなかったために高額な医療費がかかって困ってしまう人もいるようです。

高額な医療費がかかる場合に知っておいた方がよい「限度額適用認定証」についてみていきましょう。

限度額適用認定証

限度額適用認定証とは

病気や入院で高額な医療費を負担しなくてはいけなくなった時には、健康保険に限度額療養費の制度というものがあります。

もし入院などであらかじめ高額な医療費がかかる場合には、限度額適用認定証の申請をしておくと良いです。

これは、あらかじめでなくても入院中だったとしても遅くないので申請しておいた方が良いです。

また入院だけでなく手術などで高額な医療費がかかる場合も限度額適用の申請は、必須だと考えておくと良いでしょう。

限度額適用認定証の申請方法について

限度額適用認定証の申請をする場合は、申請書に必要な情報を記載して市区町村の国民健康保険や健康保険組合などに提出する必要がありますが書く欄もそれほど多くないのですぐ書けると思います。

大体、申請書から早くて数日から一週間ほどで交付を受ける事ができます。

この限度額適用認定証を病院の窓口で提示すれば医療費の自己負担が限度額の範囲内に収める事ができます。

僕の場合は、妻の出産の時にこの限度額適用認定証を申請して病院に提出しました。

もちろん病気になったから入院する以外にも妊婦の方でもあらかじめ高額な医療費がかかる場合は、申請することで医療費を安くすることができるので安心です。

申請書の提出先は、ご自身が加入している健康保険によって違いますので注意しておきましょう。

国民健康保険の場合

ご自身が住んでいる市区町村の国民健康保険の窓口での申請が必要になります。

協会けんぽ

各都道府県支部に申請します。

組合健保

企業や事業によって異なりますが健康保険組合の窓口になります。

加入している健康保険組合を調べて申請書を書いて直接窓口に提出するか郵送しましょう。

色々な制度を活用してうまくやりくりしましょう

国には、限度額適用認定証だけでなく色々な制度があります。

せっかく大変な国民のためにこのような制度があるのに活用しないのはとても勿体ないことだと思いますし家計にも助かると思います。

ぜひ色々な制度があることを調べておくと良いと思います。

投資デビューするなら人気の楽天証券がおすすめ

ポイントでお得に投資!ポイントキャンペーン!

おすすめの記事